結婚式は結婚報告を一気に済ませることができる

私は結婚式をした方です。
正直、自分たち2人だけで言うと、結婚式をすることに対してのこだわりはなく、特に挙式はしっかりとしたいという希望は当初なかったので、籍を入れるだけの地味婚でも十分だと思っていたのですが。
親兄弟には、私が兄弟で最後ということもあり、みんな挙式したこともあり、”結婚式はやってみると絶対に挙げてよかったと思うからしておいた方がいい”と勧められ。
また、主人とは職場恋愛で、私が退職して結婚したという流れもあったので、主人がこれから長くお世話になる会社のみなさんにも結婚の報告を兼ねて挙式をした方が丸く収まることも多くあったので、それならムリのない範囲で結婚式を挙げようかということになりました。
一般的には200~300万くらい挙式費用がかかるらしいのですが、私たちは自分たちの貯金だけで式を挙げることになっていたので、それほど高額な式はできないし、するつもりもなく、豪華な結婚式場ではなく、場所は自分たちの思い入れのある場所で外部のウェディングプランナーさんにコーディネートをお願いして挙式をしました。
費用的には、できること(引き出物や招待状の作成や発送など)は自分たちで行ったので、会場代とお料理代と人件費、お花代など基本のものだけで150万ほどでした。
ウェディングドレスは姉が着用したものを借りて、お色直しのドレスだけレンタルしました。アクセサリーなども姉が趣味のハンドメイドでドレスにぴったり合うピアスやネックレスなど一式を作ってくれました。
そして、結婚式のコンセプトについては、お食事会ということで。
余興もほとんどなく、ただ自分たちが結婚するということを美味しい食事を食べながらちょっと見に来てもらってみんなに報告させていただく、という感じで、自分たちで会場みんなが楽しめるゲームなどを提供したりで、誰かが大役を務めなければというような挙式にならないように工夫しました。
新婦の自分から両親への手紙は読みましたが、こちらは自分が緊張するだけですし、両親は喜んでくれて、人生で数回あるかないかの感謝を伝える機会になったので、良かったと思います。
また、親戚の方などもなかなか勢ぞろいすることがない中、集まってくださり、友人も遠方からかけつけてくれた、自分たちの今までの人生がこれだけ多くの人たちに支えらえれて歩んでこれたんだと実感し、また感謝の気持ちを今後2人でお返ししていこうと改めて感じる素敵な1日になりました。
もし、結婚式をしていなかったら、それはそれで出費が減らせて良かったと感じていたと思いますが、やらなければ良かったとは思わないイベントだと思います。
最初は乗り気でなかった主人も、挙式が終わったあとは、本当にやって良かったと話していました。